やはり円高だと世の中は不景気

今、日本円はアメリカドルに対して高くなっています。一年前に比べると円高は確実に進んでいて、今ではやっと100円を少し超える程度になっています。

もちろん、この円高で得をしている輸入業者なども一部にはいることでしょう。それにガソリン価格も下がってきているので、それで喜んでいるような人も少なからずいるはずです。

しかし、それでも世の中を広く全体的に見回してみると、円高で好景気にはなっていません。それどころか、円高になると不景気です。どこからどう見ても、今の日本は円高によって不景気になっているようにしか見えないでしょう。

私は素人ですから、世の中の経済の仕組みはよく分かりません。どうして円高だと景気が悪くなるのかも、輸出産業が為替差損を被るなど、漠然としか分かりません。

しかし、景気が良くなって欲しいと願う気持ちだけは本当です。ですから私も、円高ではなくて円安を願っています。しかし、政府が為替相場に介入すると世界中から非難されると聞いたことがありますので、円安誘導などはできないのでしょう。ですから結局、景気が良くなるかどうかは市場の自然な流れに任せるしかないのかも知れません。

そう言えばアベノミクスって一体何なのか、未だに私にはよく分かりません。